コラム

剪定と伐採はどう違う?違いを詳しく解説!

庭の木を放っておいたら「いつの間にか大きな木になっていて困った!」ということはありませんか?
庭に植えている樹木は、定期的に剪定・伐採をする必要があります。

本コラムでは、庭木の手入れ方法の「剪定」と「伐採」の違いをご紹介します。

剪定と伐採の違い

庭木の対処方法には「剪定」と「伐採」の2種類があります。
どちらも木を切る方法ですが、下記のようにそれぞれ異なる点があります。

剪定

庭木のお手入れを目的とします。木の成形や育成をコントロールをするために葉や枝を整え、木の幹は残します。

伐採

不要な木を除去する目的で、木を根元から切ります。

剪定と伐採、どちらが良いかの決め方

剪定と伐採のどちらを選択するかは、大きく生長した樹木を今後ずっと育てるかどうかによって変わります。

伸びてしまった枝を整えたり、見た目の美しさを保つなら「剪定」、お庭で邪魔だったり不要な場合は根元から木を切って「伐採」を行いましょう。

剪定と伐採、どちらが良いかの決め方

剪定・伐採を専門業者に依頼する理由

剪定も伐採も自分で行うことは可能ですが、専門業者に依頼するメリットもたくさんあります。
専門業者に依頼する様々なメリットを下記にまとめましたので、ご覧ください。

樹木の成長を考えた剪定ができる

専門の知識を持った業者なら、樹木の種類に合わせた最適な方法で剪定を行う事が可能です。

安全に剪定・伐採を行える

高さのある樹木の高所作業となると、作業中の落下やケガなどの危険が伴います。また、伐採ではチェーンソーなど強力な刃物を使用するので、ケガをするリスクもありますが、専門の業者に依頼すれば安心です。

手間・労力が省ける

広いお庭や敷地になると、作業前の草抜きは意外と大変な作業です。
また、剪定・伐採に必要な道具を自分で購入して揃えなければいけない上、手間や労力もかかります。
専門業者に頼めば、剪定・伐採後の後片付けやゴミ出しも不要です。

害虫に注意

剪定・伐採を行っていると、季節によっては虫に刺される事もあります。
毛虫、スズメバチ、クモ、ムカデなど、虫によっては、病院での治療が必要になる場合があり、適切な対処をしないと命に関わる場合もあるので、専門の業者に依頼するのが安心です。

近隣に配慮した丁寧な施工

剪定・伐採時には枝がたくさん落ちたり、切った木の幹が倒れて他の家庭に迷惑をかけてしまったりする事もあります。
専門の業者なら、近隣の住民にも気を配った施工が可能です。

このようにたくさんのメリットがあるので、剪定・伐採は専門業者に依頼をするのがおすすめです。
また、一般のご家庭からのご依頼時に、「剪定」と「伐採」を混同してお願いされることがよくあります。
「剪定」と「伐採」の違いがわかれば、専門業者への依頼も依頼もスムーズにできるので参考にしてください。

剪定と伐採の違いと専門業者に依頼する理由が分かったら、剪定業者に依頼しよう

いかがでしたでしょうか?
「剪定」と「伐採」の違いや、専門業者に依頼するメリットが分かったら、プロの庭木剪定事業者に依頼してみましょう。

庭美では、剪定・草刈り・伐採を専門に行っております。
また外構・外壁塗装などのお庭のトータルリフォームも行っており、お客様の家のお庭が持つそれぞれの良さを活かしながら、美しいお庭になるようにご提案いたします。

ご予算とご要望をお聞きし、それに合わせたプランをご提案しますのでご安心ください。
価格だけでなく仕上がりの美しさにも自信があります。

ぜひお気軽にお問合せ下さい。